アメイジングポケット
 
アメイジングポケット

飲食店・店舗向け
デジタルメニューボード

デジタルサイネージ トップ > デジタルサイネージ > システム開発 > 飲食店・店舗向けデジタルサイネージ・デジタルメニューボード 

飲食店・店舗向け
デジタルメニューボード

 

デジタルサイネージで、売れる!魅せる!引き寄せる!
おいしさ・こだわりが伝わり、売上げアップにつながる
飲食店レストラン向けに最適な販促ツール。
デジタルサイネージは、コルトンボックスに代わる
これからのスタンダードツール「デジタルメニューボード」

 
デジタルサイネージは、季節メニューやランチ・ディナーメニューなど、時期・時間に合わせた情報を放映でき、発信場所が特定できるので伝えたい情報を、タイミングを逃さずお客様に訴求できます。 
特に、デジタルメニューボードは、これからのレストラン、飲食店ではスタンダードになる店舗ツールです。
 
一般的なデジタルサイネージと、デジタルメニューボードの違いは、電照式メニュー(コルトンボックス)のように、横な並びにメニューが表示でき、更につながった迫力ある映像が放映できる点にあります。

アメイジングポケットでは、店舗コンサルティング事業で培ったノウハウのもと、それぞれのデジタルサイネージ導入の目的に応じ、マーケティングを踏まえた効果の上がるデジタルサイネージ・デジタルメニューボードの失敗しないご導入のお手伝いをいたします。
ハードウェアからコンテンツ制作、配信までワンストップでご提案可能です。お気軽にご相談ください。
 

 
デジタルメニューボード

ファストフード・フードコート

デジタルメニューボード(アクティブ・コルトンサイネージ)

ファストフードやフードコートなどのコルトンボックス(電照式メニューボード)をデジタルサイネージ「デジタルメニューボード」に!
 

3面や4面横型デジタルサイネージのマルチ設置でメニューボードとしてはもちろん、季節メニューやおすすめメニューなど、アクティブなシズル感あふれる映像をスケジュール配信でき、訴求力が格段にアップします。
 
さらに、デジタルメニューボードは、デジタルサイネージが3面や4面など横につなげて設置しますので、メニューとしてはもちろんですが、つながった迫力ある映像。例えば43インチのデジタルサイネージで3面構成のデジタルメニューボードにすると、大画面170インチ同等の一部が放映できる迫力ある映像とシズル感が伝えられその訴求力は絶大です。

また、メニューの価格変更の際にフィルム印刷のような手間や時間は必要なく、制作後即変更ができます。さらに多言語メニューを利用の都度切替え表示することも簡単にできます。
コルトンボックスをデジタルサイネージのデジタルメニューボード仕様で導入することは、イニシャルコスト(導入費用)を同等かもしくは安く設置することができます。
 
弊社では、マルチディスプレイのデジタルメニューボード(アクティブ・コルトンサイネージ)の、ハードからコンテンツ制作、運用まで低価格で実現可能です。
 

デジタルメニューボード

ご導入事例

トランジットカフェ 那覇空港店 様
 
某コンビニエンスストア(お台場) 様
 

東京 お台場海浜公園そばに201812月にオープンした某コンビニエンスストア様にて、
2台のデジタルサイネージをご導入いただきました。
できたてパンやお惣菜を提供する店内キッチンの上部のコルトンと並べるかたちのデジタルメニューボードとして55インチを設置し、商品の紹介を動画を交えて店内のお客様に向けて訴求しています。
さらにもう1台は、高輝度のデジタルサイネージを入り口窓枠いっぱいの80インチの大型サイズで外を行き交う生活者向けに特におすすめの商品や、店内キッチンの存在を24時間アピールしています。
店内で出来たてを提供しているピッツァや大人気のスパムおにぎり、お弁当など、美味しそうなシズル感伝わるコンテンツを放映して、お客様をお待ちしています。
コンテンツはすべて弊社にて制作しております。

 
 
 
板前からあげ イオン大野城乙金店 様
 
ユナイテッド・シネマ 様

 
皆さまご存知の映画館『ユナイテッド・シネマ様』 売店の電照看板コルトンボックスを、4K高画質デジタルサイネージを使った、
デジタルメニューボードに リニューアルいたしました。


高精細なデジタルサイネージをすべて同期再生(シンクロ)させ、大変綺麗な映像で大迫力で放映!10面並んだ映像表現は圧巻で、思わず目を引きます。
弾けるポップコーンや爽やかなドリンクの映像など、グッと引き寄せられ思わず買ってしまいそうなほど訴求力があります。
サイト(拠点)ご担当者が、館内ネットワークで簡単にコンテンツを更新できる仕組みも弊社でご提供しています。
 
 

 
 
 
トランジットカフェ 那覇空港店 様
 
清水公園 様

 
2019年春リニューアルオープンした千葉県野田市にある清水公園様は、「日本さくら名所100選」に選ばれた全国でも有数の名所。 新規オープンした『cafe アゼリア』には、デジタルメニューボード4面を設置。
左端のデジタルサイネージ1面は、日によって提供するメニュー数や内容が変わるため、スタッフがタブレットの操作画面からフォーマットとメニュー内容を選択し、それがモニターに即反映される専用日替りメニューアプリケーションを開発。
ご注文の品が出来上がったお客様の番号を呼び出す「呼び出し番号表示システム」もご要望に合わせて弊社で開発し、右端の1面は番号表示に利用しています。
いずれのアプリケーションも、現場スタッフの誰もが直感的に容易に操作できるUIが特徴です。
その他の2面はデジタルメニューボードとして、コルトンボックス(電照式フィルム看板)に代わるメニュー表示用として利用しています。

 
 
板前からあげ イオン大野城乙金店 様
 
東名高速道路 EXPASA富士川(上り)フードコート

 
201941日、富士川サービスエリア 上り線がリニューアルオープン。
フードコートの3店舗に、それぞれ3面のデジタルメニューボードをご導入いただきました。
富士山と駿河湾の豊かな恵みを生かした富士川サービスエリアならではのそれぞれの店舗に合わせた魅力的なオリジナルメニューを、
3面全体の大画面でお客様に訴求する動画コンテンツも弊社ですべて制作しています。全店舗へのデジタルメニューボードの導入は、リニューアル感の演出に大きく寄与し、新たなサービスエリアの顔になっています。

 
 
 
 
 
 
 
トランジットカフェ 那覇空港店 様
 
トランジットカフェ 那覇空港店 様
 

那覇空港 国内線旅客ターミナルビル 3Fにある、『トランジットカフェ那覇空港店』様にて、電飾コルトンボックスをリニューアルし、3面デジタルサイネージ・マルチ仕様のデジタルメニューボードをご導入いただきました。メニューボードとしての利用だけではなく、デジタルサイネージならではの動画・静止画を混在させ、3面全体を使ったアクティブでシズル感のある動画など、迫力のあるコンテンツも弊社が制作しております。
午後ランチタイム以降の時間帯では、スケジューリング機能を使いビールなどのアルコールの訴求で成果をあげています。

 
 
 
板前からあげ イオン大野城乙金店 様
 
板前からあげ イオン大野城乙金店 様

 
20177月にオープンした福岡県大野城市のイオン乙金ショッピングセンター1F『板前からあげ イオン大野城乙金店』様にてデジタルサイネージ3面マルチ仕様のデジタルメニューボードをご導入いただきました。
当店は店舗の看板ロゴもなくしデジタルサイネージ内のコンテンツに入れ、店舗イメージを打ち出しブランディングを図っています。
アクティブで迫力のある動画・イラストアニメーションのコンテンツも弊社が制作しております。同エリアではデジタルサイネージの利用はなく、最新のデジタルメニューボードの訴求力は非常に高い存在になっています。

 
 
 

飲食店向け デジタルサイネージ

訴求力の高いアクティブで
リッチな映像表現

 
静止画はもちろん、ムービー・サウンド・テロップなど、高コントラスト・高輝度・高画質の視認性の高い映像表現で、シズル感のある情報発信ができます。
 
訴求力の高い映像表現
簡単スケジューリング管理
 

デジタルサイネージ毎に表示する情報を24時間365日スケジューリングできます。時間帯ごとのメニュー切り替えやイベントの切り替え、タイムセール、キャンペーンなども前もって配信設定ができます。 
特に飲食店・レストランでは、モーニング・ランチ・ディナーと自動でメニュー表示が切り替えることができるので、スタッフの省力化と販促の両方が実現できます。
 

簡単スケジューリング管理
遠隔操作で一括管理

 
本部から各拠点のデジタルサイネージへ、また弊社から各店舗のデジタルメニューボードへ配信更新など、ネットワークによる遠隔配信管理が可能です。
各々のデジタルサイネージやデジタルメニューボードを遠隔で管理でき、放映コンテンツの設定、スケジュール配信、稼働状況確認もできます。

 
 
遠隔操作で一括管理
マーケティング効果アップ

 
デジタルサイネージから発信される映像はアイキャッチと訴求力が高く、興味喚起から購買行動までを誘引し、集客および売上アップに貢献します。おすすめメニューをさらに一品・ドリンクやでざーとの購買を促し、客単価アップにつながります。
スマートフォンやPCタブレットなどから簡単操作で、その場のシチュエーションに合わせてタイムリーにデジタルサイネージのコンテンツの変更ができ、集客をダイレクトに実現できるソリューション(システム)もございます。

 
 
マーケティング効果アップ
配信管理アプリケーション(CMS)

 
デジタルサイネージは導入したら終わりではありません!
広告や販促、啓蒙番組などのコンテンツを常に新しく更新していくことで、マーケティング効果を発揮することができます。
弊社オリジナルアプリケーションを活用すれば、誰でも簡単にコンテンツの更新ができます。

 

POPVISION Network
(ポップビジョン ネットワーク)

 

POPVISION Network ( ポップビジョン ネットワーク )
 

直感的な操作でどなたでも簡単に番組配信がおこなえる 弊社オリジナルのWeb CMSアプリケーション POPVISION(ポップビジョン)。
本部から、そして各店舗担当者からも、コンテンツの更新・管理が可能です。
 
 
 

 

UP sell timely
(アップセル・タイムリー) 

 
UP sell timely (アップセル・タイムリー)
 

デジタルサイネージの通常のスケジューリング配信中に、現場でタイムリーに割込み配信!雨が降り出したらすぐに、「雨の日サービス」のコンテンツをワンプッシュで放映など。ダイレクトに集客・売上UPに繋がるデジタルサイネージの新提案です。
デジタルメニューボードの一つの画面だけに、アップセルシステムを導入することもできます。

 

UP sell daily
(アップセル・デイリー)

 

UP sell daily (アップセル・デイリー)
 

スマホで写真を撮影、テキストを入力するだけの簡単操作で、各店舗でコンテンツの書換えが可能。完璧な日替りメニューPOPが店頭デジタルサイネージに完成します。原産地表示やタイムセール、待ち時間表示、宴席案内等様々な活用ができます。
 
 
 

従来のPOPとデジタルサイネージとの比較

インパクト(視認性)

シズル感のある静止画や動画を放映でき、音声も出すことができます。高画質パネルで明るくクリアで、ポスターよりも視認性がアップ。
さらに、デジタルメニューボードのようなマルチ画面では、大画面の迫力で訴求力抜群です。
 
スピーディー・コストダウン
デジタルサイネージは、制作したらすぐに表示でき修正がある場合も簡単に変更ができます。フィルムやポスターと異なり、印刷費・配送費・張り替え人件費などランニングコストの削減につながります。
 
スペースの有効活用
ポスターや看板の掲示スペースには限りがあります。デジタルサイネージは1台のディスプレイでたくさんの情報発信することができ、高い訴求力で多くのお客様に伝えることができます。
静止画ポスターだけではなく、動画との混在での表示もできます。
 
 
伝えたいタイミングを
逃しません!

スケジューリング機能により、ランチタイム・ディナータイムなど時間帯での表示切替や曜日ごとの提供内容の変更、さらに、予定されているキャンペーンに合わせたコンテンツアップなど、全て自動で表示切り替えが可能です。
さらに、アメポケのいろんなソリューション・システムを利用すればお客様の動向に合わせて、その場でコンテンツの差し替え、更新することができます。
 
 
本部一括管理
コンテンツ制作・番組構成・配信管理などを本部一括で管理できるので、コストを抑えた効率的な運営ができます。
複数台運用の場合、ネットワーク化することで、即時の情報配信や、デジタルサイネージごとに放映コンテンツの設定、スケジュール配信、稼働状況の確認も可能です。

スピーディー・コストダウン
スピーディー・コストダウン
 
 

インパクト(視認性)

シズル感のある静止画や動画を放映でき、音声も出すことができます。高画質パネルで明るくクリアで、ポスターよりも視認性がアップ。
さらに、デジタルメニューボードのようなマルチ画面では、大画面の迫力で訴求力抜群です。
 

スピーディー・コストダウン

デジタルサイネージは、制作したらすぐに表示でき修正がある場合も簡単に変更ができます。フィルムやポスターと異なり、印刷費・配送費・張り替え人件費などランニングコストの削減につながります。
 

スペースの有効活用

ポスターや看板の掲示スペースには限りがあります。デジタルサイネージは1台のディスプレイでたくさんの情報発信することができ、高い訴求力で多くのお客様に伝えることができます。
静止画ポスターだけではなく、動画との混在での表示もできます。
 

伝えたいタイミングを逃しません!

スケジューリング機能により、ランチタイム・ディナータイムなど時間帯での表示切替や曜日ごとの提供内容の変更、さらに、予定されているキャンペーンに合わせたコンテンツアップなど、全て自動で表示切り替えが可能です。
さらに、アメポケのいろんなソリューション・システムを利用すればお客様の動向に合わせて、その場でコンテンツの差し替え、更新することができます。
 

本部一括管理

コンテンツ制作・番組構成・配信管理などを本部一括で管理できるので、コストを抑えた効率的な運営ができます。
複数台運用の場合、ネットワーク化することで、即時の情報配信や、デジタルサイネージごとに放映コンテンツの設定、スケジュール配信、稼働状況の確認も可能です。

ポスターとサイネージのサイズ比較

ポスターの標準サイズA1サイズ・B2サイズに相当するサイネージのサイズは「43inch」「32inch」になります。
 
その他の主なサイズはこちら 

サイネージ(インチ)サイズ ポスター(紙)サイズ
32inch B2
43inch A1
46inch B1
55inch A0
 
ポスターとサイネージのサイズ比較
飲食店・店舗向け デジタルサイネージについての
ご質問・ご導入のお問い合わせは、アメイジングポケットへ