デジタルサイネージ
オフィス 導入事例

HOME > 導入事例 > オフィス事例 > 大分県某企業様ご利用事例 

大分県某企業様 ご利用事例

大分県01
大分県02
大分県03
大分県04
大分県05
大分県06
ご利用場所

屋内設置

製品仕様

40・46インチデジタルサイネージ 屋内仕様 横型壁掛け

 
大分県の某企業様にて、デジタルサイネージをご導入いただきました。
 
従来、自社・他社問わず広告宣伝や販促などマーケティングに利用されることの多いデジタルサイネージですが、今回は外に向けるサイネージではなく「オフィスサイネージ」です。
このオフィスサイネージは、各種情報の周知や社内コミュニケーションの活性化が狙いとなっています。
 
今回こちらの企業様は流通業。
たくさんの社員がそれぞれの部門で毎日お客さま対応や出荷業務に追われ、忙しく勤務されています。
 
そんな中、日々の出荷状況を従業員みんなで共有したい、
さまざまな連絡事項を周知させたい、
社内各所に設置されている監視カメラの映像に切り替え、
忙しい部署を把握したい
また、社員に楽しいことや癒しを与えたい・・・
 
そんな社長の思いがあり実現しました。
 
社内各部署に、デジタルサイネージ 11台を設置。
 
お客さまをお迎えするエントランス、従業員が出入りする勝手口、事務部門や物流部門には数台ずつ、また会議室や応接室などです。
大きさは場所により異なり、40インチまたは46インチを採用。
 
デジタルサイネージは、流すコンテンツをあらかじめスケジューリングできるためタイムリーで効果的に、業務上の情報周知もできます。
 
また11台すべてに同じコンテンツを流すこともできれば、それぞれ部署に合わせたコンテンツを放映することもサーバーPCより簡単に設定可能です。
 
リフレッシュタイムには癒しの画像や音楽を流すこともできます。また緊急の会議の招集など緊急放送としてテロップ等を表示できます。
 
さらには食堂の日替わりメニューや社内イベントの案内、社員のバースデーなど社員同士のコミュニケーションの活性化として利用できる情報も放映。
 
紙で貼られていた掲示板や、社内のメーリングリスト・イントラネットなどコンピュータを介した情報公開からデジタルサイネージを利用した 「オフィスサイネージ」へ!!
 
景色化してしまい誰も見なくなってしまう紙の掲示板、そしてついつい開くのを後回しにしてしまうメーリングリストや、能動的に見にいかなければならないイントラネットなどとは違いオフィスサイネージは、いつも社員の目に入る場所、通る場所にあり情報をプッシュして伝えてきます。
 
社内の情報伝達や情報共有がうまくいき、社内のコミュニケーションが活性化すればそれが最終的には売上増や利益率アップに必ずつながっていきます!
 
「社員の満足」が「顧客の満足」につながるのは間違いありません。
 
 
 
サイネージのレンタルはコチラ