デジタルサイネージ 導入事例
飲食店

HOME > 導入事例 > 飲食店事例 > OISHITEA 早稲田店様 ご導入事例 

OISHITEA 早稲田店様 ご導入事例

ご利用場所

屋内設置

製品仕様

43インチ 2面 デジタルメニューボード

 2018年10月、早稲田大学 戸山キャンパス近くに日本1号店としてオープンした
タピオカミルクティー専門店『OISHITEA 早稲田店』様にてデジタルメニューボードをご導入いただきました。
 
流行に敏感な学生街らしく、打ち放しコンクリートのシンプルでスタイリッシュな店内。
カウンター正面にはデジタルメニューボードのカラフルな映像で、
お茶の種類やタピオカ以外のアロエやあずき、岩塩クリームチーズなどトッピングの提案をしています。
 
早稲田駅もすぐそばで、これから早稲田大学の学生さんの憩いの場となりそうです。
 
 
OISHITEA 早稲田店様の公式WEBサイトはコチラ
 
デジタルメニューボードの詳細についてはコチラ

 食堂メニュー表示システム

社員食堂や学生食堂などで日替りメニューを直感的な操作で毎日きれいに表示できるシステム。食堂の業務効率化と省力化を図れ、美味しさが伝わり、利用者の満足度もアップします。

 
食堂メニュー表示システムについてはこちら

 呼び出し番号表示システム

ファストフードやフードコートなどで簡単に呼び出し番号表示ができるシンプルなシステム。直感的な操作で、飲食店以外の図書館・クリニックなどさまざまなシーンでご利用可能です。

 
呼び出し番号表示システムについてはこちら

デジタルメニューボード

フードコートやカフェなどで、注目度や訴求力がアップするディスプレイを使ったメニューボード。迫力ある動画で美味しさ・こだわりが伝わり、おすすめメニューも表示できます。

 
デジタルメニューボードについてはこちら